リストラ天国 > コンテンツ > Diary

リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)



リストラ日記アーカイブ 2010年8月
読みやすいようにアーカイブは昇順(上から古いもの順)に並べ替えました。上から下へお読みください。
日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちらです

415 超能力者が登場する小説はもう読めない 2010/8/1(日)
416 7月後半の読書 2010/8/3(火)
417 もはや国民病とも言えるうつ病について考える その1 2010/8/7(土)
418 もはや国民病とも言えるうつ病について考える その2 2010/8/9(月)
419 消費税増税論議素人編 2010/8/14(土)
420 8月前半の読書 2010/8/16(月)
421 Twitterを使ってみたその後 2010/8/19(木)
422 長期失業者が118万人! 2010/8/22(日)
423 8月のDVD 2010/8/25(水)
424 股関節唇損傷? 2010/8/28(土)



--------------------------------------------------------------------

超能力者が登場する小説はもう読めない 2010/8/1(日)

415
最近の小説で多いと感じるものに、主人公やその周辺に超能力者(サイキック)がいるという設定がよくあります。私の場合は、そういう内容の話しは全然ダメで、文庫の裏表紙に書かれている紹介文を読んで、そのようなことが書かれているともうその本に興味を失ってしまうのです。

昔はそうでもなかったと思いますので、歳を重ねてきて、現実の部分が重くのしかかってきて、ファンタジーやフィクションに対しての理解や想像が貧弱になってきたせいかもしれません。

超能力を信用していないわけではありません。もう20年以上前になりますが、仕事がらみでユリ・ゲラー一家と日本と外国でしばらく行動をともにしたことがあります。本人はいかにもユダヤ系のベジタリアンで、当時はまだそういう人達用の専門店もなく苦労をしました。

日本食ではうどんが好物で、香港へ行ったときに「うどんが食べたい」と言われましたが、返還前の香港ではまだそう和食レストランも多くなかったので(高級和食ステーキ屋はたいていのホテル内にもありましたが、さすがにうどんは置いてない)苦労しました。西洋人から見ると東京もソウルも香港も同じにしか見えないので、日本であちこちにうどん屋があるなら香港でもあると思ったのでしょう。

なぜ肉を食べないのか聞いたところ、肉を食べると超能力がにぶるそうで、次第に食べなくなったと言うことでした。日本でよく知られるようになったときには、すでに莫大な富を持つ大金持ちでしたが、ものすごく神経質で、あまりお友達にはなりたくないタイプです。

彼の超能力は、マジックでもトリックでもなく正真正銘だったことは間違いありませんが、その能力を私たちの前ではスプーン曲げやフォークをポキリと切断したり、時計を一時的に止めたりすることなど、正直言ってなんの意味もないことだけに使っていて、もっと何か役立つことに使えないのかな?と思っていました。

彼の周辺にはいつも家族と親戚とボディガードが付き、移動の時にはその集団が一斉に動きますので、荷物も半端ではありません。どうも親族以外は信用してないという感じでしたが、彼がエスパーとして有名になるまでのあいだに、彼の能力をめぐって様々な出来事があったからではないかと想像します。

もっぱらの噂では、軍や諜報機関、警察の犯罪捜査などにも関わっていたということですので、契約というか機密保持上、他の能力を一般に公開できなかったのかも知れません。日本でもかつて国の補助でESP研究を公に行っていたことがありますが、現在は表向きには解散してなくなっています。

しかしよく小説に登場する超能力者というのは、あまりにも突飛で都合よく主人公の前に現れる予言者であったり、透視やテレパシーができたりして主人公を助けます。さすがにそういう人達のオンパレードでは興ざめもします。

また同じように小説によく登場するのが「天才ハッカー」です。多くの場合主人公ではなく主人公を助けるためにITを駆使して軍や警察、電話会社、企業のデータベースなどに不正侵入し、必要なデータを取り出したり、書き換えたりします。例えそれができる技術があったとしても、そのようなリスクの高いことを他人のために使う人はいません。

もちろん天才的なハッカーがいることは承知しています。そういう天才達は既に業界内では有名人で、一般的に学校や企業や団体に属していて、個人の依頼で気軽に重大犯罪を犯すことはないでしょう。なので、主人公の前に、犯罪を恐れず、警察や軍や仲間にマークされていない、天才ハッカーがいきなり登場するなどということは超能力者が列をなしているのと同様ナンセンスなことです。

天才ハッカーが、主人公を助けるという設定は、今から20年ほど前に小説や映画に登場してきた頃は、目新しい展開と思ったのですが、今ではそういう都合のいい安易な設定があまりにも多すぎて「あぁ、またか」とげんなりしてしまいます。

おそらく作家側からすると、小説自体が想像の産物でもあることから、ストーリーに超能力者や天才ハッカーを登場させることになんら違和感はないのでしょうけど、あまりにも飛躍しすぎるとリアリティに欠け私の年代ではもうついていけないと感じるのです。

あと15〜25年前のアメリカの小説や映画には、サイコもの、いわゆる「精神異常者」がよく登場しました。精神異常者がとんでもない犯罪を犯すとか、主人公を追い詰めるというストーリーが氾濫していました。これも小説を作る上では安易な方法で、ミステリーには欠かせない不可解な現象や行動を、すべて精神異常者がやったこととして丸く収めてしまえるからです。具体的には「ミザリー」「羊たちの沈黙」「危険な情事」「不法侵入」「ボーン・コレクター」など名作と言われるものにも多く見られます。

もっともその原点は1960年にヒッチコック監督が作った映画「サイコ」(原作者はロバート・ブロック)からですから今から50年も前のことです。

私が好きなテーマは自伝的な普通のありふれた内容や過去の有名な事件や現象をうまくアレンジしたリアリティのある内容で、主人公が困難に立ち向かったり葛藤する姿を、小気味いい文章で読ませてくれるストーリーを一番期待しています。

そういう小説を書いてくれる浅田次郎、白石一文、白川道、宮本輝、荻原浩、盛田隆二、佐々木譲、重松清ならどの本も安心して手に取ることができます。


                   
--------------------------------------------------------------------


7月後半の読書 2010/8/3(火)

探偵になりたい (ハヤカワ・ミステリ文庫)  パーネル・ホール
ネットで紹介されていたので、書店で探したけど全然なく、Amazonにはあったので購入しました。発刊自体古いせいか、新品ですが送られてきた本は少し焼けが入ってます。どこかの本屋さんに並べられていた返品ものかもしれません。この文庫本の発刊は1989年12月ということですから今から21年前です。書かれたのはその数年前のはずです。読んでいて盛んにポケベルや公衆電話が出てきますので携帯電話の普及前ということです。

内容は、作家を目指しているものの、生活費を稼ぐために、弁護士事務所でもっぱらケチな事故の証拠集めに奔走する私立探偵スタンリー・ヘイスティングズが主人公で、バイオレンスや拳銃などとは無縁の日々を送る妻と子供もいる中年男性の話です。私立探偵の免許を持っているのも、自分で欲しいからとったのではなく、契約している弁護士事務所から取るように言われてのことですから、なにか大きな野心があるわけではありません。

ところがある日、オフィスの看板を見て「不法カジノで借金を背負い、コカインの運び屋をやらされている」「そのコカインをくすねたのが見つかったらしいので助けて欲しい」と頼まれ、当然そんな危険なことはできないからと断ります。ところが翌日新聞を読んでいると、まさしくその男が惨殺されたという記事を発見してしまい、自分が断ったことに責任を感じてしまいます。どのようにして殺された男の仇を討ち、自分と自分の家族は安全なところにおいておくかは読んでの楽しみです。

ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズやローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズのような知的でハードボイルドな探偵とは違って、いつも金欠で、銃を見るとちびりそうになったり、人を殴るなんて今回が初めてというさえないオヤジ探偵ですがその設定がなかなか粋です。

その後の続編もいくつか出ているようですが、多くはAmazonでも欠品となっているようで、中古本でしか買えないものが多いですね。もう増刷はされないのかな。


カシオペアの丘で (講談社文庫) (上)(下) 重松清
2000年に「ビタミンF」で直木賞を受賞した作家さんですが、同賞を逃した「定年ゴジラ」やその後に書かれた「流星ワゴン」「疾走」などが私は気に入ってます。最近はテレビワイドショーのコメンテーターにも出たりされていますが、とても多作の作家さんです。

年代的には私より半周りお若い方ですが、比較的世代も近く、子供の頃から現在に至るまで見てきた様々な風景が割と近いと感じられます。例えば高度成長期に子供時代を送り、その象徴として万博の太陽の塔だったり、多摩ニュータウンだったりします。

この小説では北海道芦別市がモデルとなっている、昔は炭坑で賑わっていたけど今は寂れてしまった街の出身の仲良しグループだった子供達と、ひょんなことで知り合った人達が、大人になって様々な問題を背負って再びその街に集まってくるというものです。

ただねぇ、、、子供の頃に友達との喧嘩の直後下半身不随の事故に遭った人、40歳手前で悪性腫瘍に罹り余命3カ月と宣告された人、過去に運転中老婆を轢いて死なせた人、妻の不倫相手に小さな我が子を殺された人、炭坑を守るため行方不明者の捜索を断念し注水を決めた人、、、あまりにも不幸なことや重苦しい出来事を背負った人ばかり登場するので、気分はなかなか晴れません。そう言えば「疾走」なんかも重苦しかったような気がします。



名残り火―てのひらの闇〈2〉 (文春文庫)  藤原伊織
藤原伊織氏は電通に勤務時代から二足のわらじで作家デビューし、1995年に「テロリストのパラソル」で直木賞受賞、2000年には電通を退職して、本格的に創作活動をはじめられました。しかし残念なことに2007年に59歳の時、食道癌で亡くなられ、この作品が最後の作品ということになります。

本作品は1999年発刊(文庫版は2002年)の「てのひらの闇」の続編となっていたので、すっかり抜け落ちていた「てのひらの闇」を再読することにしました(6月後半の読書)。再読したところ途中で思い出すかなと思ったらさっぱり思い出せず歳のせいかそれともアルツ…、、、やばいなぁって思った次第です。

さて物語はヤクザの組長の息子として育ったものの、飛びだして飲料メーカーの宣伝部で真面目に20年間勤務したあと、リストラの早期退職に応募して個人で細々と企画マーケティング会社をやっていたところ、前の職場の親友がオヤジ狩り風に若者に殺されたという事件が起き、警察をも出し抜いて調べ上げていくというストーリーです。宣伝部とか企画マーケというところが元電通マンらしく詳しく描かれています。

この本だけでも十分に楽しめますが、やはり先に「てのひらの闇」を読んでからのほうが楽しめます。このストーリーだと予定は聞いたことありませんが映画にしても面白そうです。




--------------------------------------------------------------------

もはや国民病とも言えるうつ病について考える その1 2010/8/7(土)

417
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、「気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である」とwikipediaに書いてありますが、どうもこれだけではよくわかりません。

厚労省の患者調査によると、気分障害の患者数は1996年433千人、1999年441千人、2002年711千人、2005年924千人、2008年1041千人と12年間で2.4倍と急速に増えてきています。また世間体などを気にして病院等で受診、治療をしていない人が、実際はこの患者数の数倍はいるのではないかとも言われています。

私が社会人になった30年前に、後輩が誰も知り合いのいないところへ転勤して間もなく、会社に出社しなくなったと人づてに聞き、よく話しを聞くと少し前から「朝が起きられない」「やる気はあるが身体がだるくて力が入らない」と言って上司がいくら厳しく注意しても改善しなかったそうです。

当時はまだうつ病など気分障害は一般的ではなかったので、会社からは「なまけている」「睡眠障害(多眠症)」と思われていたそうで、過去に1年間ほど一緒に働いていた私のところにも、本人の素行や病歴について質問がきました。しかし当時はいたって真面目で、連絡なしで来なかったりしたことはなかったので、信じられない思いでしたが、今思えば完全にうつ病の典型的な症状だったように思います。

気分障害の国際比較では日本は先進諸国の中では低く出ていますが、先に述べたように、日本人の国民性からすると、欧米のように風邪を引いたときのように気軽に神経科や心療科に通院することを嫌がり、会社や世間体を気にして仕事や社会生活に不利益や差別を被ると思い、隠す慣習が今でも根強くあるせいかもしれません。

Prevalence of mental health problems(メンタル・ヘルス問題の普及 2009年)

うつ病に罹りやすい年代はあるのかということで、年代別に見ると総数では30歳代から70歳代まで平均的に散らばっています。つまり特定の年代に偏った病気ではないということです。ただし男女比で見ると20歳代、60〜70歳代では圧倒的に女性の割合が多く、その他の年代でも女性の比率が男性より高くなっています。

年代     総数  (男性 女性)
20歳未満 15千人 ( 6  9)
20歳代  85千人 (25 60)
30歳代  181千人 (79 102)
40歳代  189千人 (84 105)
50歳代  168千人 (71 97)
60歳代  179千人 (59 120)
70歳代  164千人 (46 118)
80歳以上 61千人 (15 46)


厚労省 患者調査(2008年)より

20歳代の女性は、社会に出て仕事や人間関係に悩んだり、恋愛、結婚関係を原因とすることが多く、60歳代以上の女性は更年期障害とともに、定年退職した夫との関係や配偶者との死別、健康問題などの原因が考えられます。

意外に思ったのは、40〜50歳代の男性中高年者で、体力の衰えから仕事がキツイとか、退職勧奨などリストラの恐れとともに、住宅ローンや子供の教育費など金銭的に一番たいへんな時期で、女性よりも精神的抑圧が多いかと思っていましたが、他の年代と比べて男女差は小さくなっていますが、患者数は女性より低いままです。また自殺数の男女差は各年代とも男性が女性に倍以上の大差をつけて圧倒的に多いので、よく言われているうつ病と自殺との関連は、性差で見る限りは一致していないように見えます。

うつ病は「誰でもかかる可能性がある」「かかりやすい」ことから「うつ病は心の風邪」という表現がされることがあります。一方では「うつ病は放っておいても治る」「気の持ちようで治る」と誤解をする人も多いそうです。しかし風邪と違って「時間がたてば自然に治る」という病気ではないそうです。次回は治療法などの検証をします。

--------------------------------------------------------------------

もはや国民病とも言えるうつ病について考える その2 2010/8/9(月)

418
うつ病は、従来は「こころの病気」である「神経症性」のうつ病と、「脳の病気」である「内因性」のうつ病の二つに分類されてきました。しかし2010年現在では脳と心の両面から起きるものと言われています。

うつ病の精神的な症状は、「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」に分けられています。
1. 「抑うつ気分」とは、気分の落ち込みや、何をしても晴れない嫌な気分や、空虚感・悲しさ
2. 「興味・喜びの喪失」とは、以前まで楽しめていたことにも楽しみを見いだせず、感情が麻痺した状態


また身体的な症状としては一般的に、
1. 不眠症など睡眠障害
2. 消化器系の疾患で急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、下痢
3. 摂食障害に伴い、食欲不振と体重の減少、あるいは過食による体重増加
4. 全身の様々な部位の痛み(下背部痛、頭痛など)
があると言われています。


治療法としては精神分析、行動療法、認知行動療法、臨床動作法など様々な方法がありますが、現在では心療内科や精神科におけるうつ病治療の主流は薬の処方が多く、脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物治療を行うことで改善をはかっています。ただ薬にあまり依存すると副作用や、薬をやめたときの再発率が高まるとかあり、なんだかな〜ということで、様々な議論がなされているので、治療法はひとつではないということです。

ただ基本的には、まずうつが病気であることを本人や家族が納得して認め、「無理せず、安静にし、カウンセリングを受け、(場合によっては)薬を飲んで、回復を待つ」ことがベストだと言われています。


逆に自分自身で「忍耐、我慢、努力」をしたり、「変えられないものを変えよう」としたりすると症状は悪化してしまうことになります。またうつ病に罹ったことを悲観したり、周りに隠そうとするとそれだけでプレッシャーになってしまい、余計に悪くなるので、「いつかは良くなる」という軽く楽観的な希望を、本人も周りの家族も持つことが大事だそうです。

従って周りが「頑張れ」「自分の力で治せ」「甘えるな」など叱咤激励したり、そういう心理状況でないのに「気分転換に旅行でも行ってきたら」とかは禁句です。自分自身の力ではどうすることもできなくなりうつ病に罹るので、強い励ましや新しいことへの取り組みは逆効果ということです。周囲の人も、患者がうつ病であり、患者自身の力では今の状態から抜け出せないことを自然に受け入れ、長い目で回復を待って、焦らないことが必要です。

もちろんその患者の趣味が旅行で、ずっと旅行がいけなくてストレスを溜めていたとするならば、旅行へ行くことを勧めたり誘ってみるのはありでしょう。できればその人に負担にならない軽い内容で、「やりたいこと」「誰かの役に立つこと」を一緒に見つけてあげるといいかもしれません。「好きなことをやっている」「誰かの役に立っている」「人に喜ばれている」と思うと人は前向きに充実した気分になるものです。

いずれにしても、経験豊富な心療内科医や精神科医と話し合うことがベストの選択です。治療法や生活もそこで話し合った結果、決めていくことになります。特に仕事をもっている人は、収入のことや立場のこともあり、なかなか割り切れないことがよくありますが、病気はなんでも早期治療が治りやすいので、思い切って早めに病院へ行くことをお勧めします。

カウンセリングが少なく、安易に薬だけを出す医者(最近は減ったと思いますが)には注意すべきで、遠慮なく治療方針、期間、普段の生活についての質問や、信頼できないと思ったら病院を変えてもいいかもしれません。

うつ病の快復期間は、統計上は治療開始から8カ月で約60%の人がほぼ快復します。たまに3カ月ぐらいでもう良くなったからと職場に復帰する人がいますが一般的にはまだまだ不安定な時期です。この時期に「もう大丈夫、今までの分を取り返さなくては」と無理をしてしまうと、再発しその後もずるずると何年も長引いてしまうことになりかねません。

快復してもこの病気は再発の可能性が高く、いったん快復したと思ってもその後約半数(50%)の人は1年以内に再発をしてしまうことが多いようです。なので、医者の指示やアドバイスを無視して、勝手に投薬をやめてしまったり、通院しなくなったりするのは危険なことです。

そして一度再発すると、二回目の再発率は75%、三回目の再発は90%と非常に高くなってしまい、いつまでもうつ病から抜け出せない状態が長く続いてしまうことがあるので注意が必要です。

私は医者でもなければ心理カウンセラーでもないので、以上のことは、本で読んだり、実際に経験したことなどを中心にまとめたものというだけで、根拠に乏しいことや誤っていることもあるかもしれません。いずれにしても一人で悩んでいないで、一緒に改善していこうという仲間や専門家にまずはゆだねてみることをお勧めいたします。

--------------------------------------------------------------------

消費税増税論議素人編 2010/8/14(土)

419
消費税の増税が議論されています。しかしその内容はと言うと、感情論的なものや、選挙対策的なものが主で、使い道にしてもいろいろと議論が分かれています。

素人の私なりに「もし消費税が10%になったら生活はどう変わるか」を素人シミュレートしてみたいと思います。また今回は消費税の使い道に関しては年金や福祉に回ることと想定し、詳細は問わないこととします。

いいかもと思えること
・増税前には安い日用品から高額な耐久消費財、旅行などのサービスまで買い急ぎやまとめ買いが起きる
・増税前の買い急ぎで不要不急のものまでが売れて一瞬インフレ現象が起きる
・増税後しばらくのあいだ、落ち込みを防ごうと大企業中心に「消費税還元セール」などがおこなわれる
・消費税10%なら計算がしやすくなる
・当面の年金支給の原資が確保できる
・介護や高齢者医療等に税金が回りやすくなり、労働力供給が進む
・65歳から年金がもらえないかもと思っていた世代がちょっと安心する
・直間比率が欧州並みに近づき、地方行政の権限や独自性が強くなる


ダメじゃんと思えること
・給料があがらないのに生活用品の実質値上げで購入品の質を落とさざるを得ない
・買い急ぎの反動で、しばらくは買い控えが起き、モノが売れなくなりデフレになる
・ガソリン代やアルコール、タバコ代などの二重課税分の税負担がより重くなる
・生活費の上昇は、お金持ちには影響がないが、貧乏人にはこたえる(逆累進課税)
・消費税アップのタイミングに合わせて便乗値上げが相次ぐ
・年金額が上がるわけでもなく生活費だけ上がるので高齢者の貯蓄が消費に回ることはない
・政治家や役人が使える金が大幅に増え、それにともない権限も大きくなる
・中小、零細の下請け会社は請求に消費税アップ分を上乗せができず、もっとやせ細る
・消費税還元セールなどできない、体力のない中小小売店などは生き残れない
・お金持ちの海外生活拠点志向が強まる
・消費税以外の税金収入は好転せず、財政再建は厳しいまま残る
・日用品や食品は安全・安心よりも安いことが最優先されるようになる
・消費税を納めなかったり、ごまかす企業や個人事業主が続出する
・旧社保庁がやってきた年金の無駄遣いについて穴埋めがされうやむやになる
・今まで中央からの指示待ちでなにも考える必要がなかった地方の政治家や行政が混乱する

これらのことから推定すると、

消費税アップ前夜には、狂乱の消費ブームが起きて、不動産、自動車、海外旅行から始まって、パソコン、携帯、外食、常備薬など、最後はトイレットペーパーの大量買い込みで、品切れが続出することとなります。今まで眠っていた貯金の多くも使われることになり、一時的には需要が供給を上回り、インフレムードが高まります。多くの国民はその購買熱にうなされて必要のないモノまで買ってしまうことになります。

しかし一転して消費税アップ後は、買いだめの反動もあり、また、現実的に給料やボーナスが上がるということは期待できず、今まで以上の質素な生活に戻されていきます。さらに従来なら日用品にもブランド品を選んでいたのが、少しでも支出を抑えるべく、プライベートブランドやアジア各国から輸入されたとにかく安いものを買うようになり、国産ブランドは軒並み経営危機に陥ります。

平均2500万円以上の貯蓄を持つ高齢者は、多少はインフレの熱によって使うものの、元々物欲は高くないので、平均貯蓄額を減らすことには至らず、さらに年金の額は変わらないので、日々使うお金も消費税アップ後も変わることはありません。

30代後半の団塊ジュニア世代は、このままだと自分達が65歳になったときの年金原資が危ないと知っていましたが、今回の消費税アップでそれがまかなわれると知り、多少は安心して財布のひもを緩めることになります。それが消費税アップ前の不動産の購入や耐久消費財のバカ売れに貢献することになるでしょう。もちろんその中には親からの資金援助や遺産目当てという人もいます。

消費税増税後の都市部はと言えば、税収は確かに増えた、使い道もある程度は決まっている、しかし海外からの安い輸入品の増加によって国内企業は疲弊し、ワーキングプアに代表される若者に消費できるお金は少なく、モノが売れないから消費税も従来5%の時から倍増にはならず、一方で生活困窮者への生活保護申請者の増加や大量の失業者のケアで経費はかさみ、いったいなんのための消費税アップだったかという問題に直面することになります。

消費税は地方税なので、今までは中央から使い道までしっかりと決まった税金をもらっていた立場から、自ら考えて使える税金が地方行政団体に入ってきます。しかし黙っていても消費税が増えるのは一部の大都市圏だけで、企業も住人も少ない過疎地域では、その恩恵はあまりありません。

アイデア次第で自らが稼ぎ収入を増やしていけることがわかれば、やる気のない公務員でも少しは努力してみようかという気になるかもしれません。つまり税金を従来のようにハコモノや道路やダムに使うのではなく、スキー場に外国人観光客を誘致したり、地元名産品を作ったり、街全体を映画たドラマのロケ地にしたり、お金持ちの高齢者に移住してもらえるような町おこしなどです。

結果的には失業者であふれかえる都市部と努力をしない地方は没落し、努力し続ける地方だけが今後発展していく可能性があります。戦後からずっと地方から都市部に流入し続けてきた若者が、これからは、産業の抜け殻となった都市部から活気のある地方へ職を求めて行くという図式に変わるのかも知れません

--------------------------------------------------------------------

8月前半の読書 2010/8/16(月)

420
ハンニバル (新潮文庫) (上)(下)トマス ハリス
1999年に刊行された小説で「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」と併せて3部作の最終編です。「羊たちの沈黙」で精神科医ハンニバル・レクター博士と関わりができたFBI特別捜査官クラリス・スターリングと、レクター博士のせいで昔、愛犬に自分の顔面を食い散らかされ、生命維持装置で生き延びている大金持ちのメイスンの残忍な復讐計画が主なテーマとなっています。

このハンニバルは以前テレビかビデオで見た記憶があるのですが、そのときの印象として残っているのは、ラスト近くのクライマックスで生きている人間から脳の一部を切り取りそれをフライパンで炒め本人にも食べさせるシーンだけでした。

この本は10年ほど前に購入したものですが、なかなかじっくり読む機会がなく、熟成されたワイン同様に長く寝かせたままになっていました。今読んでも十分に面白く、迫力があり、残忍で、ラストに待ち受ける意外な結末には驚かされることになります。

ただ小説の中では小柄でやせ形体型のレクター博士ですが、映画(DVD)ではやや小太りなアンソニー・ホプキンズが演じていますが、あの不気味な雰囲気は、もうすっかり定着してしまっています。


希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学  池田信夫
ブログでの過激な発言が人気の池田氏ですが、この方自身も日本の旧体制や年金問題からのいわゆる逃げ切り世代の代表格で、発言の内容には「もう自分はやりたいことやお金も稼ぐだけ稼がせてもらったから、あとは自分の損得には関係ないところで、若い頃にはまったマルクス理論を振りかざして、あとは野となれ山となれ」主義の筆頭という気がします。

書かれている内容は一部を除いて至極もっともなことで、さすが学識経験者と言ったところです。様々なデータを元にして持論を述べられていますが、データというのはそれを調べる目的や、使い方によって正反対の意味を持つ危険もあり、特に出典のないデータを持ち出して「こうだからこうだ」という決めつけが時々見られるのは本を構成する上ではやむを得ないのかもしれません。

一番気になるのは氏の持論でもある「解雇規制の撤廃」についてです。著者は「解雇規制すなわち正社員を解雇する権利に強い制限があることで、雇用の流動性が進まず、非正規雇用が増える」と言うことですが、これは単なる景気悪化が最大要因であることには触れず、現役世代から逃げ切った人がいくらそれを言っても説得力がありません。

つまり今その解雇制限について撤廃を言うのはそういう逃げ切った世代か、入社した当時から頭を押さえ続けられている団塊ジュニア世代以下の30代半ばまでの人達です。

現在40代〜50代の人は、若い頃からそういう逃げ切り世代の人達に「今は給料が安くて仕事がきついけど、それは40代50代に給料も仕事も充実を得るために仕方がないこと」とずっと言われて我慢を押しつけられてきました。ところがパラダイムシフトが起き、それまでの約束はなかったことにすると突然言われ、さらに安定雇用も守られないとなれば、中高年者のうち10人に一人か二人の幹部以外は、みんな不要とされてしまいます。

ノンワーキングリッチとして働かない高額年収を得ている中高年者の例としてNHKの元同僚の話が出てきますが、そのような特殊な団体に所属している人の例を出してもまったく説得力がありません。今の40代50代の多くはリストラや企業の存続に怯え、家族や住処を守るため、若い人が毎年海外旅行へ遊びに出掛けるのを横目で見て身体にむち打ちながら必死に仕事をしています。

もし本当に解雇規制をなくそうと思えば、住宅ローンや子供の教育費で人生で一番金銭的負担が大きい40代50代の中高年者のセーフティネットが整備されてからのことでしょう。それは失業保険の手当ぐらいではとても収まるものではありません。


    

--------------------------------------------------------------------

Twitterを使ってみたその後 2010/8/19(木)

421
twitterをはじめて約半年になりますが、それで気がついた点をいくつか列挙しておきます。

・新聞、テレビといったマスメディアに対抗するのだという意志を強く感じられる
・従って新聞、テレビの報道に対する反抗的な意見が多く見られる


つまり新聞やテレビなど従来国民が目にすることができる情報に対して、「その報道は事実なのか?」「偏向しているのでは」「政治家とマスメディアの癒着の問題」「国家による言論統制や弾圧」「取材拒否や出演拒否の実態」「記者会見のオープン化による全体像の把握」などネットならでは情報が飛び交うことになります。

例えば、新聞やテレビ報道ならば政治家の発言を全部載せたり放送することは制約があってできません。またその新聞社やテレビ局によって発言の一部が強調されたり意図的にカットされることもあります。しかし時間に制約のないネット中継や、記者会見に出席したフリージャーナリストが全面的に公開することで、そのような制約や意図的な偏向報道が避けられることになります。

公然の事実となっていますが、与党は数億円に上る官房機密費等を、野党議員をはじめ、マスコミ各社や評論家に配ってきたという事実があります。これは明かな言論統制につながってきますし、国家による情報操作に他なりません。これらはマスコミではほとんど報道がされませんが、twitterをはじめとするネットでは真贋含めて相当の情報があふれかえっています。

また記者クラブという日本独特のマスコミ記者と政治家や官僚とが持ちつ持たれつの関係で癒着して、政府や行政発表だけを淡々と報道するシステムは、外国メディアを含め、よそ者を入れないという既得権益を守る構造となっています。民主党に変わり、いまそれに風穴が開き始めていますが、これにはtwitterをはじめとするネットの力が大きく影響しているのは間違いありません。

・twitterの中では影響力の強いスターやカリスマが次々生まれている
私はスターやカリスマ的な人の多くをフォロー(つぶやきを読む設定)してはいませんが、一般マスメディアにはあまり登場しない人でも多大な人気を持った人がいます。例えば、日本語のランキングではMTB&BMXライダーの森田悠介氏4位、堀江貴文氏は5位、孫正義氏6位、勝間和代氏10位、広瀬香美氏12位など。政治家では鳩山由紀夫氏3位、東国原英夫氏20位、浜田幸一(元ですが)26位、蓮舫氏39位など。上位の人は50万から40万人のtwitterユーザーにフォローされています。まだ発展途上のtwitterで既にこのフォロー数と影響力は凄いものがあります

・宣伝、広告をメインに使っている人が増えてきている
ま、仕方がないことですが、商用利用者が増えつつあります。堀江氏や勝間氏のように通常は商用とは思えないが、時々自身の有料メルマガや書籍をしっかりとPRしている場合もあるがそれは問題ありません。しかし自社製品やサービスのPRしかつぶやかない人や会社がかなりあり、当然フォロー数は増えていきません。一般的には相互フォローと言ってフォローされると、フォロー返しをすることが多いのですが、そういう宣伝ばかりだと、すぐにフォローを取り消してしまう人も多いように思います。特に個人事業者でコンサルタントやカウンセラー、士業、通販などをやっている人が、ビジネスの一環としてtwitterを利用し、片っ端からいろんな人をフォローし、フォロー返しをもらって案内を送ろうと躍起になっている風が伺えます。

・RT(リツイート)の使い方、作法に個人差がある
twitterの公式ルールでのRTはある人の発言を、そのまま自分のフォロワーへ転送するためのものですが、今日本のtwitter利用者の一部では、「それプラス自分の意見を加えてつぶやく」という形が増えてきています。私もその方がいいと思っていて、そういう使い方をしていますが、通常のtwitterサイトの画面からではそのようなRTをするには手間がかかってしまいます。そこで、様々なt便利なwitter用ツールを利用することになります。そう言った様々なツール利用することで、マナーというか作法がいくつも混在しているという問題があります。

例えばAさんとBさんは相互にフォローしていて、BさんからAさんへの質問にAさんが返信をする際、Bさんの質問を返信文にも残しておかなければ、Aさんだけをフォローしている人達にはなんのことかさっぱり意味不明です。便利なツールを知らないだけかも知れませんが、そういう自己中心的で周りに配慮がない人が多いと思います。

書店へ行くとtwitterのノウハウ本が山とありますが、初心者ならネットの情報で十分です。もちろんtwitterサイトの中にも様々なヘルプや公式ナビゲーターというのがあります。

・フォロー数をいたずらに増やすことを目的としている人が目立つ
twitterをやってみて思ったのは、勝間女史が書いているように、まずフォロー数とフォローされる数が100名以上いないと返信など反応が少なく面白く感じられないという旨を書いてますが、確かにその通りでフォロー数やフォローされる数があまりにも少ないと楽しくありません。しかし逆にフォロー数が多いと人の発言は次々と流れていきますので読むことは至難の業です。たぶん数千人もフォローしている人は、人のつぶやきを読むことはなく、自分の発言を人に読んでもらいたい(フォローすればかなりの確率でフォローを返してくれる)というだけの人なのでしょう。それが有名人とかならばわかりますが、そうでなければ自己顕示欲が非常に強い人か、あるいは商用利用と考えた方がいいかもしれません。

・結局はモバイルを利用したちょっとした暇つぶしやメール感覚
このtwitterをPCだけで使うにはあまり醍醐味は味わえません。それよりも出先のちょっと一服中や珍しいものを見つけたり、変わった雲を発見したときにその威力は発揮できます。

つまり今までは特定の友人だけに送っていた携帯メール(画像添付含む)をより多くの人に発信し、その喜びや驚きを共有することなのです。従ってランチタイムには必ずランチが、夕食時にはディナーの写真がツイートされることになります。ま、それに興味がなければフォローしなければいいだけなので、別にどう使おうとまったく自由なのです。

【参考になるサイト】
twitter公式ナビゲーター(ついなび)

勝間和代のTwitter初心者のための使いこなしの10ステップ

twitterをはじめよう!

初心者向けTwitter導入法

twitterを楽しもう!



--------------------------------------------------------------------

長期失業者が118万人! 2010/8/22(日)

422
総務省の2010年4-6月期労働力調査によると完全失業者は349万人、うち1年以上の失業者は118万人規模と発表されました。6月の完全失業率は前月比0.1ポイントの悪化で5.3%でした。また6月の有効求人倍率は、前月よりわずかに0.02ポイント高い0.52倍で2カ月連続でわずかですが改善しています。

今回の発表で注目すべきは長期失業者の人数です。118万人と言えば市町村ではさいたま市と川崎市の中間ぐらい、47都道府県では大分県(34位)や石川県(35位)の総人口とほぼ同数、人口の一番少ない鳥取県の人口の約2倍の人が長期失業中と言うことになります。

また完全失業者というのは、以前にも書いたとおり実態の姿ではないのですが、それでも349万人というのは、横浜市の総人口に匹敵し、静岡県全部の総人口とも近い数ということになります。

これらの数値を見て暗澹たる気持ちになるのは私だけでしょうか?

さらに追い打ちをかけるように、円高が加速し、貿易立国として支えてきた輸出産業や比較的好調だった中国向けビジネスに打撃を与えています。

こうなると国民の多くは、会社の倒産やリストラに怯え、安くなった海外製品すらも買えない、必要最低限にしかお金は使いたくない、今はひたすらジッと堪え忍ばなくてはという、景気悪化を加速させる悪い負のスパイラルに陥ってしまいます。

このようなタイミングでノー天気でバカな評論家が「雇用流動化を進めるべく解雇規制を撤廃するべし!」なんて暴論を叫んでいますが、まったく無責任な限りです。企業は安易に利益を出すためなら、日本人従業員なんかひとりも雇わずに事業をおこなうことが可能になってきていることを理解していないのでしょう。

ただこれはもはや短期的な政治の責任だと言ってしまえば済む問題ではなく、国民はこのような事態を招くことになった国民の選択を、身をもって思い知るべき時に来ているのでしょう。

付け焼き刃的な雇用対策や、支援ではもう焼け石に水の状態ですから、もう政争や政局にうつつを抜かすのではなく、官界、経済界と一体になって私利私欲を排せる人だけで、再構築する時期に来ています。

なにか新しいことを始めると必ず賛成が半分で反対が半分あります。つまり右にも左にも満足できる雇用対策なんかどこにもありません。

当たり前のことですが、失業者は税金(所得税)を払わないばかりか、逆に税金を使って生活をすることになります。今日本が真っ先にやらなければならないことが、税金を払ってくれる就業者を増やすことが、増税論議や事業仕分けより優先されるべきことではないでしょうか?

法律をちょっと変えてしまえばお金が天から降ってくると思っている役人や、世間との感覚にズレが生じている学究者に、就業者(=所得税納税者)を増やすアイデアや新しい事業モデルを考える力も実行する力もありません。

超高齢化に向けた医療や介護の問題も結構ですが、ここは「年齢に関係なく新しいビジネスを起こすこと」「新たな雇用を生み出すこと」「安全な食糧を安定的に供給すること」「次世代につながる有能な人を数多く育てること」に焦点を絞った緊急対策をぜひやってもらいたいものです。

・新しいビジネスを起こすこと
国や地方の基金、または無担保保証で起業資金の無利子貸し出し
大手企業向けに新たな事業子会社設立による法人税減税
学校法人による起業家育成と出資制限の撤廃と推進策
公務員の副業禁止規程の撤廃。会社員の就業規則による副業禁止の禁止と罰則化
外国人起業家への支援(国内にワールドアントプレナーセンターの設立)
介護、環境、医療、教育関連ビジネスの起業優遇策
など

・新たな雇用を生み出すこと
労働派遣法の規制完全撤廃(完全自由化)
光の道(光ファイバー網の全国整備)
随意契約の完全撤廃
農地、商業地等の遊休地課税
沖縄・北海道カジノ特区(観光客誘致)
民間出身者から臨時(パートor契約)講師の大量採用
電子教科書(ハード、ソフト、コンテンツ)制作

・安全な食糧を安定的に供給すること
新たな農業従事者への所得税控除
優良農業法人への減税
サービスエリア、道の駅、主要駅、役所に農産物の共同販売所(施設利用は無料)の設置義務化
農産品の共同ネット販売、共同物流、共同配達網の整備
農地法等農業関連法の大幅な規制緩和
農産品の海外輸出支援

・有能な人を数多く育てること
1クラス少人数制(20〜25名)の実施
電子教科書、体験型教育の早期導入
選択制外国語教育の初等教育からの実施
義務教育校のエリア制の廃止
教師の民間企業での職場実習および専門教育の義務化
ボランティア参加の点数制(進学、就職に有利)
小・中学校の空き教室を使った社会人(主婦、失業者、高齢者向け)教育実施

あたりのことを、ここ1〜2年のうちに一気にやってしまうことができないものでしょうかね。

--------------------------------------------------------------------

8月のDVD 2010/8/25(水)

423
沈まぬ太陽  2009年 監督:若松節朗 出演:渡辺謙、松雪泰子、三浦友和

山崎豊子氏の1999年の小説の映画化で、第33回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した作品で、内容は言わずと知れた日本航空の種々のスキャンダルをフィクションとして描かれています。

日本航空といえば今年の初め会社更生法を申請し実質的には破産状態で、現在は国費を投入して再建途中ですが、その転落の原因が、同社の無能な幹部とプライドの高い社員達が権利の主張をするいくつもある労働組合、さらに利権を食い合う政治家、それに史上最悪の日航ジャンボ機墜落事故とネタには不自由しない会社です。

映画はその日航123便が1985年8月御巣鷹の尾根に墜落するシーンが管制塔、機内と詳細に描かれていますが、原作ではそれはごく一部のことで、主に労組と会社幹部達との葛藤や中東やアフリカへ左遷された主人公の姿が中心だったように思います。遺族の方や関係者はこのシーンには複雑な思いがあったと思います。

映画は3時間22分と長時間なので、上映されたときは途中に10分間の休憩が挟まれていましたが、DVDは休憩したければ勝手に停めて休憩すればよいので、わざわざ休憩タイムを入れなくてもよさそうに思いましたが、映画と同じく休憩タイムが設定されていました。

文庫本では5冊にまたがる長編ですので、映画の本編時間も3時間と少しと長くなって仕方がありませんが、決して途中でだれてしまうようなところもなく、ずっと集中して見ていられるなかなかいい映画でした。


笑う警官 2009年 監督:角川春樹 出演:大森南朋、松雪泰子

佐々木譲氏原作の北海道警シリーズ第一弾の映画化で、世間を騒がせた北海道警の裏金問題の告発を発端としています。

徹底的に不正を隠し通そうとする警察幹部が、地方議会の百条委員会で証言を求められているひとりの警官を、偶然起きた婦警の殺人事件の犯人に仕立て上げ、口封じのために証言前に射殺してしまおうとする、ちょっと想像を絶する派手なストーリーとなっています。

ただ小説ではそのような状況に追い込まれていく様子が、かなり詳細に描かれているのですが、映画の場合は時間の制約でかなりすっ飛ばされてしまい、なぜそうなったのかが、わかりにくく、ちょっと普通の感覚では理解しがたい展開をみせることになります。

映画のキャッチが「映画は原作を超えるか」というフレーズだったと思いますが、圧倒的に原作の勝利に終わったと言わざるを得ません。原作を読んでいない人がこれを見ると、単なるハチャメチャなフィクション映画となるのではないでしょうか。

さらに主演の大森南朋、その相棒の松雪泰子などのキャスティングにもちょっと異議ありで、このあたりは角川春樹氏の強い意向が込められているのかもしれませんが、いずれも映画の主役級を張るには演技が上等とは思えず、B級映画の仕上がりになってしまったのは残念な限りです。

「警察は市民の味方」という評判は誰が作ったかは知りませんが、警察の不正や誤認逮捕、警察官の犯罪、組織ぐるみでの隠蔽などが次々に明るみに出ることで、もはやそれを信じている人は少ないと思いますが、警察は警察組織を守るために存在すると言っても過言ではないというのが、この映画(原作の小説)でよく現れています。

小説ではこの北海道警シリーズは「警察庁から来た男 」「警官の紋章 」へと続いていきます。しかしまだそれらの映画化の予定はないようですが、角川春樹氏は「警官の紋章」を次作として制作したい意向のようです。

正直言って今さら角川春樹氏が監督をして、現代にも通用するいい映画が作れるものとは思っていません。古くは「復活の日」や「人間の証明」など、評論家達には不評ながらも、そこそこ興行的には成功した(私も好きでした)映画を作ってきましたが、使い古した感性と自己陶酔と自己満足の世界が充満していて、見ていて逆に痛々しく思えてきます。

事業家としての才能は素晴らしいものがあるのですから、映画監督は若い有能な人を発掘し、春樹氏はプロデューサーに徹するべきではないかと思います。こういう個性が強く自信家の人は、どうしても表舞台に立ちたい、立っていたいと思う気持ちが強いのかも知れません。原作者の佐々木譲氏もパートナーゆえ表だっては言えませんが、ちょっとなにか違うんじゃないかなーって思っているような気がします。


ディア・ドクター 2009年 監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶、瑛太

2009年の日本アカデミー賞では「沈まぬ太陽」に最優秀作品賞を持って行かれたものの、最優秀脚本賞、最優秀助演女優賞(余貴美子)を獲得し、キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位を得た作品です。

映画初主演の笑福亭鶴瓶が田舎の診療所の医者としていい味出していますが、やはり本物のプロ俳優、女優に救われている面があります。

ストーリーは現在と過去が頻繁に行ったり来たりしますので、しっかり観ていないとこんがらかってきます。

つまり、

・村長が無医村だった診療所に念願の医者(鶴瓶)を連れてくる
・都会から田舎の診療所に若いやる気のない研修医が来る
・村民から慕われ頼りにされる医療に、研修医が医者の本分を身をもって教えられる
・肺気腫の緊急処置で救急救命の経験があるベテラン看護師(余)に助けられる
・患者(八千草薫)から癌を都会にいる家族には内緒にして欲しいと頼まれる
・患者の家族(医者)が処置に疑問を抱く
・突然医者が失踪する
・失踪した原因が明らかになる

の場面が上記の順番ではなく複雑に錯綜します。あーややこしい。
そして、最後にまた驚きの結末が、、、というところです。
患者が同じ八千草薫ということで、浅田次郎原作の「天国までの百マイル」を思い出しました。あれもいい原作(映画)だったなぁ。



--------------------------------------------------------------------

股関節唇損傷? 2010/8/28(土)

424
超売れっ子ダウンタウンの松本人志が入院して手術をおこなったことが、芸能ニュースで大きく取り上げられていました。病気の治療がネタとなり、治療中にも関わらず仕事への復帰が期待されたりと人気者のたいへんさがよくわかります。もっとも多くのレギュラー出演番組への影響などがあり、本人はもとより関係者もその調整などが大変だったことでしょう。

芸能ニュースにはまったく関心がない私ですが、彼の病気が「股関節唇損傷 (こかんせつしんそんしょう)」という珍しい病気だと知り、もしやと思ってその内容を調べてみると、なんと私を10年以上悩まし続けている原因不明の股関節痛の症状と非常に似ていることが判明しました。

この股関節唇損傷は発見が医者でも非常に難しく、造影剤を用いた磁気共鳴画像(MRI)で、しかもそれを疑って注意深く調べないと発見ができない症状と言うことです。特にスポーツ整形外科医だとそのようなケースはよく理解していて発見しやすいということです。

股関節唇とは、股関節の骨盤側の周囲にある軟骨のことで、関節の中に収まっている大腿骨の上の部分が、外れるのを防ぐため土手のような役割をしているとのこと。ここに裂け目が入った状態が「股関節唇損傷」です。裂けた股関節唇の破片が、股関節の動きを妨げて痛みを引き起こすということです。

なぜこういうことが起きるかと言えば、個人差があってハッキリしていないそうですが「長年の酷使」「無理な力のかけ方」「体質」などにより、間接が摩耗し炎症を起こしてしまいには損傷する場合があるということです。

先週の日曜日に「アッコにおまかせ」というTV番組中で、和田アキ子が退院後の松本人志から話しを聞いたところ「時々ピピーンと脳天まで痛みが突き上げることがあった」と言っていたそうで、実は私もまさにその現象が時々起こります。

私の痛みはなかなか文章や口では説明がしづらく、右大腿骨と股関節の接合部分がカクカクゴロゴロする(それの痛みはない)のと、痛みは慢性的に右股関節付近と、時には右足全体にまで拡がります。そして上記に書いたように突然脳天まで突き上げるしびれが走るときがあります。

過去には内科(リウマチ科)や整形外科に通い、血液検査、レントゲン検査などもおこないましたが、すべてに「異常なし」と診断され、ひどいときには「運動不足による筋肉痛じゃないですか?」ぐらい言われてきましたが、股関節唇損傷なら普通の医者では発見できない病気なのでそのようなものかもしれません。

普段はやや右足を引きずる程度で、痛みの少ないときは日常の生活には不便はなく、しかも病院へ行っても原因がわからなかった以上放置しておくしかありません。しばらく民間療養のカイロプラクティックへ通った時がありましたが、最初のうちはすごくよく効いて、痛みもしばらくは収まっていましたが、しばらく経過すると元に戻ってしまい、やがて施術しても効かなくなってきたのと、キリがない(お金が続かない)ので今はやめています。

そして長く歩いたり階段の上り下りが多いときには、どうしても痛む右足をかばってしまい無理な体勢で長く歩き続けることになりますので、そのような時には右足だけでなく左足にも違和感が起き、道路でしばらく痛みが収まるまでしゃがんでいなければならないときがありました。

また自動車の運転席側に乗るときには、左足を先に車内に入れてから、シートに座ることになりますが、その際一瞬ですが、右足だけに全体重がかかり、しかも頭を下げ身体を少しひねって乗り降りすることになります。この乗り降りするときが実は一番つらいのです。

私の場合は、子供の頃から身体が硬く、股関節も硬いので、中年になってからも時々ストレッチをして股関節を柔らかくしようと努力していました。そうしないと靴のひもを結んだり靴下を自分ではけなくなってしまいます。それがいけなかったのかもしれません。10数年前頃から右股関節から右足全体にかけて痛みが走るようになり、現在はそれが慢性化しています。

そのストレッチというのが、床に座った姿勢で両足を曲げて足の裏側同士をぴったりとくっつけてかかとを身体に引き寄せます。そして膝の部分を左右に開いて床にくっつけるというものです。この股関節を柔らかくするストレッチは高校生の時に通っていた空手道場で毎回練習前と練習後にあり、身体が硬い私にはその両膝の上に人が乗っかって無理矢理拡げるような非情な時も何度かありました。柔らかい人は簡単に両膝が左右の床につくのですが、私は昔も今も全然つきません。

まだ若かった頃はそれでも股関節唇が傷つくことがなかったのですが、20〜30代の頃には営業関連の仕事で毎日10数キロは重い鞄を抱えて歩き回っていたことや、年齢を重ねてからも無理なストレッチで間接を傷め、股関節唇が損傷した結果ではないかと思っています。

で、この病気を完治するには手術しか方法はないようですが、症状が軽ければ「無理をせず安静にしていればいい」、しかし同時に「足の負担を少なくするために太ってはいけない」「筋力を落とさないように適度な運動をする」と矛盾だらけの療法で本当に困ってしまいます。

もちろん仕事はそうそう選べないし、続けなきゃならないので安静にしたくてもできないという事情もあります。障害者認定でもしてくれれば、いいのですけど、痛みがほとんどない時もあれば、少ない時は健常者となにも変わりがないので、それも難しいのでしょうね。


その後手術をおこないました 2016年7月】

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(1)初診編

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(2)手術前検査編

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(3)入院手術編

変形性股関節症の人工股関節全置換手術(4)リハビリ、退院編


--------------------------------------------------------------------




←2010年7月へ

2010年9月へ→

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちらです

日記アーカイブス
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年


リストラ天国
> コンテンツ > Diary


おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)

リストラ天国 日記(BLOG)