リストラ天国 > コンテンツ > Diary
−−−−−−−−
2002年 4月
2002年 5月
2002年 6月
2002年 7月
2002年 8月
2002年 9月
2002年10月
2002年11月
2002年12月

2006年 1月
2006年 2月
2006年 3月
2006年 4月
2006年 5月
2006年 6月
2006年 7月
2006年 8月
2006年 9月
2006年10月
2006年11月
2006年12月

2007年 1月
2007年 2月
2007年 7月
2007年 8月
2007年 9月

2009年 2月
2009年 3月
2009年 4月

−−−−−−−−


管理人お勧めの光回線&プロバイダー





リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)


リストラ日記アーカイブ 2007年7月
読みやすいようにアーカイブは昇順(上から古いもの順)に並べ替えました。上から下へお読みください。

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちらです
221 ジュークボックス


----------------------------------------------------

221
ジュークボックス 2007年7月4日 (水)
古い時代の探偵小説を読んでいたら最近さっぱり目にしなくなったものが出てきてふと考えてしまいました。

それはジュークボックス(juke box) です。

おそらくいま30代以下の人は実物を見たことがないという人が多数を占めるのではないかと思うのですがさすがに40代後半(もうすぐ50代)の私は現物を見たことも実際に使ったこともあります。

その私ですらジュークボックスを使ったことがあるのは子供の頃で、探偵小説に出てくるようなバーやパブといったところではありません。

小学生の頃、夏には近所、といっても自転車で20分ぐらい走ったところにある遊園地のプールに通い詰めるわけですが、その遊園地には当然ゲームセンターなどもあってプールで泳いだ後にはジュースを飲みながら1回10〜20円のゲームをするのが楽しみのひとつでした。

そのゲームセンターの隅っこにそのジュークボックスがデンと置いてあり数十枚のシングルレコードがぎっしりと詰まっているのがガラスを通して見えるのです。

そして10円だか20円を入れて曲名が書いてあるボタンを押すと、アームが出てきて45回転のSPレコードを挟みターンテーブルに乗っけてそのあと針が自動的に降りてくるのがまるで最新の精密なロボットを見るようで、音楽そのものよりもその機械の動きに見とれていました。

そのジュークボックスも飲食店などで全盛期を1970年代初頭に迎えたものの、その後のカラオケブームや有線放送などによって1980年代には一気に駆逐されてしまいました。

私が社会に出た1980年にはどこの飲み屋さんでもカラオケはあってもジュークボックスは見かけたことがありませんでした。

今では音楽は個人で聞くものとされ、携帯プレーヤーが全盛ですが、考えてみると70年代までは人の迷惑顧みず自分の好きな音楽を自分でお金を出して大音量で聞いていたというのはなんだか滑稽な感じがします。

「自分が好きな音楽は他人も好きだろう」という理解だったのか、「お金持ちがやることに口出しするな」という格差(クラス)を見せつけるためだったのか、それとも「俺のお気に入りのミュージックはこんなに洒落てるんだぜ」という自己満足を得られるツールだったのでしょうか?

そういえばオールディーズやカントリー&ウェスタンのライブハウスなどではまだ骨董品のジュークボックスが飾りとして置いてあるのかもしれませんね。

最近そっち方面にはさっぱり縁がないのでわからないのですが。案外マニアには今でも高額で取引されているのかもしれませんね。


----------------------------------------------------------


←2007年2月へ 2007年8月へ→

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちら

========  日記アーカイブス ========
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年



リストラ天国 > コンテンツ > Diary
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)

管理人お勧め!管理人の光回線&プロバイダーのりかえ体験談