リストラ天国 > コンテンツ > Diary
−−−−−−−−

◆人気過去記事◆

洗面化粧台をDIYで交換 その1準備編

ロバート・B・パーカー「スペンサーシリーズ」全巻まとめ

マイカーで東京から京都まで旅行する場合 その2

スペンサーシリーズの読み方(初級者編)

大きく変化していく農業従事者

少年犯罪は増加、凶悪化しているのか?

洗面化粧台をDIYで交換 その2工事編

ゴルフ場と利用者の推移

道路の白線についての誤解 前編

生産年齢人口の推移とは

昨年の自動車販売データ

交通違反の反則金の行方を知っているか?

癌は老化現象のひとつという考え

客員教授と非常勤講師ってなんだ?

驚くことに日本の労働力人口は今でも増えている

大学生の就職率推移と卒業後の進路

働き方と社会構造

運転免許証の取得推移と乗用車保有台数推移を並べてみる

カフェではない喫茶店の凋落

運転免許証取得者は意外にも増えている

国内自動車販売台数や耐用年数推移など

書店数や出版業界売上減と未来

失業率推移ではなく失業者数推移でみると

生活保護世帯の増加は高齢者増加だけが原因なのか?

大卒初任給の推移

労働人口と非労働人口推移と完全失業率

火事と高齢化社会の因果関係

地方が限界集落化していく

変形性股関節症による人工股関節置換手術2年目

五輪競技除外候補とスポーツ競技人口

−−−−−−−−

2002年 4月
2002年 5月
2002年 6月
2002年 7月
2002年 8月
2002年 9月
2002年10月
2002年11月
2002年12月

2006年 1月
2006年 2月
2006年 3月
2006年 4月
2006年 5月
2006年 6月
2006年 7月
2006年 8月
2006年 9月
2006年10月
2006年11月
2006年12月

2020年 1月
2020年 2月
2020年 3月
2020年 4月
2020年 5月
2020年 6月
2020年 7月
2020年 8月
−−−−−−−−




管理人お勧めの光回線&プロバイダー

管理人の光回線&プロバイダーのりかえ体験談





リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)


リストラ日記アーカイブ 2006年5月
読みやすいようにアーカイブは昇順(上から古いもの順)に並べ替えました。上から下へお読みください。

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちらです
202 ゴールデンウィーク
203 夜のニュースショー
204 バイク通勤


----------------------------------------------------

202 ゴールデンウィーク 2006年5月7日 (日)

カレンダー通りの休みをキチンととれたので、家族を連れて一泊で旅行へ行ってきました。会社が入っている健康保険の提携保養所というところを使うとなんとリゾートホテルの2食付でなんと1泊ひとり4千円ぐらいで泊まれます。

さらにはテニスコートや卓球の施設もタダで、上記の201の日記ではスポーツはあまりしないと書いていましたが、久しぶりにテニスを二日間に渡って堪能?してきました。

ただそのリゾートホテルに到着するまでがたいへんで、車で行ったのですが先に海を見に行こうと少し遠回りしたせいで6時間(昼食時間含む)もかかってしまいました。

やっぱりGW中はうまく時間とコースを計画しないとえらい目に遭ってしまいます。

しかし山の中にあるリゾートホテルでも1泊では遊びきれないほどの施設があってあっという間の2日間でした。

特にテニスコートは本格的なもので、子供と遊ぶにはもったいないぐらいでしたが、ちゃんとしたコートでテニスをやったことがなかった子供達は大喜びで走り回っておおはしゃぎでした。

今日5月7日は雨が降っていますが、3日〜6日までは本当にいい天気で暑くもなく寒くもなく最高のGWだったのではないでしょうか。

仕事が始まると毎日週末はまだかと指折り数えているほどに疲れ果てていますが、久しぶりの長い連休は一瞬のような感じです。

これだけ長い連休ならば遅れがちな仕事も少しはできそうだなと思っていくつか家に持ち帰ってきたのですが、まったく手付かずです。これはまずいです。

話しは大きく変わるけどまずいと言えばテレビで時々映る皇太子殿下の一人娘愛子様。こんなこと書くと非難も来そうだが、その愛子様が映るたびに思うことはなんて愛想も愛嬌もなく不気味に無表情なんだと。

それを見て「可愛い」「可愛い」と言っている人が多いのにもまた驚きです。

子供なんだからもっと喜怒哀楽をストレートに出してもおかしくないと思うのに、ディズニーランドへ行った時まで不気味な無表情。

両親は一生懸命に作り笑いしているのに愛子様はカメラの放列に驚いているのか怯えているのかしらないけどいつ見てもむすっとした無表情で、可愛いなんてとてもじゃないけど思えません。

こんな子供に育てた皇室という社会にも問題はあるのでしょうけど、不気味な女帝誕生なんてことになっては欲しくないものです。


----------------------------------------------------------

203 夜のニュースショー 2006年5月14日 (日)

困ったことにこの4月からNHKの夜のニュースが10時からあったのが9時からに変更となりました。

ニュースステーションをやっていた頃は久米宏氏の好き嫌いはともかく、ニュースや特集の質が良かったのでそちらを見ていたのだが、報道ステーションになってからは、やはり二番煎じというか柳の下のドジョウというか内容は同じなのにタイトルとメンキャスターだけを変えちゃうという視聴者からすると違和感がぬぐいきれない失敗をやらかしてくれたので、それ以来ずっとNHKの10時のニュースを贔屓にして見ていました。

とても9時過ぎには家でくつろげないので10時台のニュースは最近見なくなってしまいました。

NHKの10時のニュースはニュースステーションの大成功を見て始まったわけだけど、この時間帯は民間テレビ局にとってはゴールデンアワーと言われその名の通りスポンサーも付きやすく一番高く売れる時間帯でもあります。

なので同じ1時間と言ってもNHKはまるまる60分を報道や特集に使えるのに対して民放放送局は体感値で1/4はCMで1時間の番組枠でも実質的に使えるのは45分ということになります。

そしてCMも初めて見るものならば興味もわくのですが毎日毎日同じ時間に同じCMが入っていい加減うんざりします。

特にゴールデンタイムから深夜にかけてはコマーシャルの量が確実に増えているのと、テレビ局側もその間にチャンネルを変えるのを防ぐために「驚きの真相はコマーシャルのあと!」とか「CMのあと○○が生出演!」とか言ってからCMに入る限りなくせこい手を使いまくりです。

もちろんCMが終わってからすぐに○○が出演したり、真相が驚くべきことであったりすることは絶対にありません。

毎日残業が当たり前なので10時からニュースを見られることは滅多にありません。見ても10時半頃かそれより遅いと筑紫哲也のニュース23を見ることになります。

筑紫哲也氏は私が思うに久米宏氏と違って気遣いに長けているので敵を作らない性格で鋭い突っ込みや切り口が魅力のキャスターとしては少し物足りなさを感じます。でも日本のエリートの見本のような人ですね。

その筑紫哲也氏もそろそろ引退らしく、後任人事がいろいろと噂されています。とにかくこのキャスターに抜擢されれば一生食うに困らない上に知名度も格段に上がりいわゆる「あがり」の仕事となります。

週刊誌等で噂に上がっていたのがなんと日本一の売れっ子「みのもんた」。

確かに引き出せればオヤジ以外にもおばさんのファンも多く視聴率競争では有利になりますね。

そのほかには「恵俊彰」、「鳥越俊太郎」、「福沢朗」、日経の「田勢康弘」、元NHKの「手嶋龍一」などがあがっているそうです。

ただ筑紫哲也氏の71歳に対して鳥越俊太郎氏は66歳で直腸ガン、田勢康弘氏も62歳と対して若返り出来ないのが難です。

個人的には引退した(と本人は宣言している)上岡龍太郎(ただ年齢が64歳)とか爆笑問題の太田光(41歳)とか北野武(59歳)とか黒鉄ヒロシ(61歳)とかやくみつる(47歳)とかがいいんじゃないかと思ったりしています。

あまり根拠はないけど面白そうだからという理由だけです。


----------------------------------------------------------

204 バイク通勤 2006年5月28日 (日)

5月は前半が連休で半分なかったようなもので、後半に入ると仕事がその分忙しくてあっという間の月末です。だからと言って日記を書けないという理由にはならないのですが、、、

通勤は少し距離があるものの急行停車駅までミニバイクで通っています。

雨降りの時には通常ならば別の近くの駅まで徒歩で行くのですが、数年前から足が神経痛で痛み出してからは乗換えが1回増えるのと往復各10分の道のりを歩くのがつらく、カッパを着てバイクで通うようになりました。

バイクの駐輪場は普通ならば青空駐輪なんですが、たまたまいまの有料の駐輪場は上に道路があって屋根代わりになっていてこれが雨の日でもバイクに乗って通うことができる要因となっています。

雨の降りしきる中でカッパを脱いだり着たりするのはなかなか大変なのですが、屋根があれば着替え中も雨に濡れずゆっくりとできるのと、濡れたカッパも水滴をふるい落としてからたたんでしまえます。

ただ、雨の日は車には付いているワイパーなどないので視界が悪い上にタイヤは基本的に乾燥路用に作られていて滑りやすいので注意が必要です。

特に帰宅時は暗いのでよく怖い思いをします。

歩行者で黒っぽい服、黒っぽい傘の人は近づくまでまったく見えませんし、最近多いのが無灯火の自転車です。

自転車に乗っている人は常時点灯して走るバイクが近づいて来ることはすぐにわかるはずで、おそらく自分がわかるということは相手にも自分のことが見えていると錯覚しているようなのです。

しかし街路灯がなく、おまけに道路が雨で濡れて光が乱反射たりしているともう無灯火の自転車が前から近づいて来るのは直前までまったく見えやしません。何度直前で横切られたりしてドキッとしたことがあるかわかりません。

なんでも新聞によると川崎市で注意しても聞かなかった自転車の二人乗りに赤切符(交通違反告知書)を出したということだけど、自転車の夜間無灯火、二人乗り、一旦停止無視、歩道上の駐輪など目に余る違反が野放しになっているので、マナーを守れない人にはルールでキチンとわからせて欲しいものです。

そうしないと事故が起きた時には大概弱者として扱われる自転車はバイクや車にとって身に降ってくる災いそのものとなってしまいます。

----------------------------------------------------------


←2006年4月へ 2006年6月へ→

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちら

========  日記アーカイブス ========
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年



リストラ天国 > コンテンツ > Diary
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)

管理人お勧め!管理人の光回線&プロバイダーのりかえ体験談