リストラ天国 > コンテンツ > Diary




リストラ日記アーカイブ 2005年9月 2005年9月1日〜2005年9月30日
読みやすいようにアーカイブは昇順(上から古いもの順)に並べ替えました。上から下へお読みください。

リストラ日記
住宅ローンと子供の教育費をずっしりと背負う男48歳!
突然リストラにあった時!さてどうしたものか、、、


175 アンチウイルスソフトについて2
176 連休中にみたテレビ番組2作



2005年9月
175
アンチウイルスソフトについて2 2005年9月18日 (日)
アンチウイルスソフトの続編です。結局継続のために4000円近く払うのが馬鹿馬鹿しいので、近所のお店へ行って他社のソフトを買ってきました。

まず平日の9時から5時の間に仕事を抜け出して(と言ってもお昼休みの時間ですが)カスタマーセンターへ電話をしました。テープの案内で60秒10円かかりますと言われたうえ、混雑していてなかなかつながらない。何度かかけ直してもうテレフォンカードも残り少なくなった頃ようやくつながり、契約を打ち切ることを伝えました。電話での応対はとても丁寧で親切だったのだけが救いです。

本当にこの会社はユーザーを馬鹿にしてます。こんな会社は早く淘汰されるべきでしょう。契約更新のことを考えてソフトを買う人ってなかなかいないと思いますが、ユーザーに更新料も知らせずに勝手にクレジットカード課金をおこない、契約解除するために数百円の電話代と大事な昼間の時間を使わせるなんてまったく信じられない悪徳商法です。

まぁいい勉強だったと思って新しいソフトを入れたところ、これがまた継続するより半額の値段ながら、機能はずっと高く、スパムメールやジャンクメールを受信と同時に片っ端からはねつけてくれて別のフォルダに収めてくれます。ある程度は自動的にやってくれるのと、送信者のメールアドレスや件名のキーワードを入力しておくとそれらは完全に排除してくれます。

例えば件名に「援助交際」「女子高生」「巨乳」「素人動画」「淫乱」「当選しました」「熟女」「高額収入」「大人の交際」「会員様限定」「認証されました」「初日招待」などのキーワードを設定しておけばそれらが入ったメールを自動的に削除または別フォルダに移してくれます。もう登録数はアドレスで50種類ぐらい、件名のキーワードで30種類ぐらい登録しましたが、そのおかげでスパムメールは1/10に減りました。

もちろんプロバイダーのサーバ側でもいくつかのキーワードで排除しているのですが、こちらは万が一必要なメールだったとしても別フォルダに移されているだけなので復活も可能で(探し出すのはホネですけど)誤って設定しても安心です。こんあ便利なソフトが2000円もしない価格で買えるのですから、やっぱり自動更新で4000円近くも払うのは馬鹿げています。

もうアンチウイルスソフトなしでパソコンを使うことはできないので、当然競争して良いものを安く提供してもらわなければ利用者としては困ります。ましてやパソコン初心者やネットでしか購入できない地方の人を騙すようなやり方で自動更新に仕向けるような会社は健全な成長に泥を塗っているのと同じでできるだけ多くの人にこの事実をこれからも訴えていきたいと思います。





176
連休中にみたテレビ番組2作 2005年9月18日 (日)
今日9月18日は中秋の名月ですが、箱根は仙石原のススキは一番見頃なのでしょう。3連休なので家族と出掛けたいところですが、誰も考えることは同じでとても道が混んでいて渋滞情報を見るとその気がおきません。だからというわけではないのですが、毎週日曜日の定例になっている13時〜14時で「噂の東京マガジン」、14時〜15時は「ザ・ノンフィクション」を見ました。

今日の「ザ・ノンフィクション」は「失業漂流記・再就職の厳しい現実」と題して50歳代の就職事情を扱っていました。50歳代の人事関連をやってきたホワイトカラー氏は妻に会社を辞めたこと(リストラされたこと)も言えず毎日同じように朝出かけて職安通い。126回応募しても再就職が決まらず、失業保険や退職金の残金がジリジリと減っていく焦りを感じながら最終的にはどうにか再就職が決まります。

もう一人の50歳代のホームレスは事業に失敗して借金から家族と別れて代々木公園に住んでいる。「ホームレスだと職安も相手にしてくれないし、再就職は難しい」という言葉に実感があります。東京都から委託を受けた民間事業者やNPOがおこなう「ホームレス就業支援事業」によって立ち直りのきっかけをつかんでいく模様が取材されていました。

日本経済は少しずつ良くなっているという政府や日銀の発表は実感としてなく、今日本では284万人の失業者がいて、そのうち144万人が中高年者の失業者ということで、職安の求人検索で50代の年齢を入れると2件しか出てこないという現実は、私が失業していた3年前からなんら好転しているとは思えません。

今はまだ経験を買ってくれるベンチャー企業がわずかでもあるので、それらに救われている人もいますが、大企業と違って外資系企業やベンチャー企業は成果が出せないとすぐにも解雇されたり、大幅なリストラがあったりと決して安定雇用とはなりません。まったく住みにくい世の中になったものです。

昨日はNHKスペシャルで大阪のタクシー業界、特に運転手の話題がテーマでしたが、なんと大阪のタクシー運転手の平均的な年収は300万円だとか。
少しでも効率よく働くためにタクシーを自宅に持ち帰り、会社へは出社せずに労働時間も長時間になっていて睡眠不足や酒気帯び(自宅でお酒を飲んでそれが抜けないうちに自宅からそのまま仕事に出かける)など労働環境も相当悪化しているという状況です。

規制緩和の一環でタクシーの料金がバラバラになり、料金競争の激化からそのしわ寄せがすべて運転手にかかってきているのだそうです。確かに昔から不況になるとタクシー運転手が増えると言いますが、経営者から見ると「運転手の代わりなんていくらでもいる」という消耗品感覚なのでしょう。

2つの番組を見てとても他人事には思えず、同じ中高年者がこの日本では軽く扱われている現実をあらためて感じさせられた連休です。





2005年10月→

2002/1 2002/2 2002/3 2002/4 2002/5 2002/6 2002/7 2002/8 2002/9 2002/10 2002/11 2002/12
2003/1 2003/2 2003/3 2003/4 2003/5 2003/6 2003/7 2003/8 2003/9 2003/10 2003/11 2003/12
2004/1 2004/2 2004/3 2004/4 2004/5 2004/6 2004/7 2004/8 2004/9 2004/10 2004/11 2004/12
2005/1 2005/2 2005/3 2005/4 2005/5 2005/6 2005/7 2005/8 2005/9 2005/10 2005/11 2005/12
2006/1 2006/2 2006/3 2006/4 2006/5 2006/6 2006/7 2006/8 2006/9 2006/10 2006/11 2006/12
2007/1 2007/2 2007/3 2007/4 2007/5 2007/6 2007/7 2007/8 2007/9 2007/10 2007/11 2007/12
2008/1 2008/2 2008/3 2008/4 2008/5 2008/6 2008/7 2008/8 2008/9 2008/10 2008/11 2008/12
2009/1 2009/2 2009/3 2009/4 2009/5 2009/6 2009/7 2009/8 2009/9 2009/10 2009/11 2009/12
2010/1 2010/2 2010/3 2010/4 2010/5 2010/6 2010/7 2010/8 2010/9 2010/10 2010/11 2010/12
2011/1 2011/2 2011/3 2011/4 2011/5 2011/6 2011/7 2011/8 2011/9 2011/10 2011/11 2011/12
2012/1 2012/2 2012/3 2012/4 2012/5 2012/6 2012/7 2012/8 2012/9 2012/10 2012/11 2012/12
2013/1 2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12
2014/1 2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12
2015/1 2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12
2016/1 2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12
2017/1
 2017/2 2017/3 2017/4 2017/5 2017/6 2017/7 2017/8 2017/9 2017/10 2017/11 2017/12
2018/1 2018/2 2018/3 2018/4 2018/5 2018/6 2018/7 2018/8 2018/9 2018/10 2018/11 2018/12
2019/1 2019/2






リストラ天国 > コンテンツ > Diary

おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)

リストラ天国 日記(BLOG)