リストラ天国 > コンテンツ > Diary
−−−−−−−−
2002年 4月
2002年 5月
2002年 6月
2002年 7月
2002年 8月
2002年 9月
2002年10月
2002年11月
2002年12月

2003年 1月
2003年 2月
2003年 3月
2003年 4月
2003年 5月
2003年 6月
2003年 7月
2003年 8月
2003年 9月
2003年10月
2003年11月
2003年12月

2004年 1月
2004年 2月
2004年 3月
2004年 4月

2005年 1月
2005年 2月
2005年 3月
2005年 4月
2005年 5月
2005年 6月
2005年 7月
2005年 8月
2005年 9月
2005年10月
2005年11月
2005年12月

−−−−−−−−
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
−−−−−−−−




管理人お勧めの光回線&プロバイダー





リストラ天国TOP
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)


リストラ日記アーカイブ 2004年4月
読みやすいようにアーカイブは昇順(上から古いもの順)に並べ替えました。上から下へお読みください。

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちらです
135 散髪屋、理容店、ヘアーサロン?
136 税金の季節


----------------------------------------------------

散髪屋、理容店、ヘアーサロン?

135
散髪に行こうと思って近所でも仕上げが丁寧で腕の良いお店へ昨日と今日も出掛けたものの順番を待っている人が何人もいるので断念しました。

このお店は予約制をとらないので下手すると1時間半以上なにもしないでボーっと待っている事になり(マンガ雑誌はたった2種類ほど置いてあるがもうこの歳になりゃ少年漫画でもない)堅くて窮屈な椅子で疲れることったらありません。

昨日も今日も朝の開店間もない時間に行ったのだけどやはり人気店なのでしょう。

まだ散髪屋さんで自前のWEBサイトを持っているところって少ないのですが、予約制(もちろん余裕があるときは飛び込み歓迎)にしてWEBサイトにその予約状況がわかるようにしてくれば助かるのになぁって以前お店のマスターに聞いてみたけど理容師さんっていうのは基本的にパソコンは苦手とみた。

もちろんそんなリアルタイムに予約を更新できるほど暇じゃないのでしょうけど、お客のことを第一に考えるならばたいした投資とも新たに人を雇うような大袈裟な手間とは思えないのだけど。

一方もっと近所にある老夫婦でやっている昔ながらの散髪屋さんはこれがいつもガラガラで予約を取る必要はまったく感じないのだけどこれが予約制(笑)。

以前何回か行った時があったのだけど客がいたためしがないのだけど「これからは予約を入れてください」と言われるのが鬱陶しいのと決して巧くないので行かなくなりました。

実は失業するまでは都内にある割りと高級と言われる散髪屋チェーン店へ行っていました。

ここのウリは女性の通う美容院のような作りで髪の毛を洗う時も前へかがむのではなく後へ倒れる方式だったり、念入りなマッサージ(肩とかだけでなく背中・腕・手のひらを念入りに)や指の爪切り、オプションですが耳垢とりなどリフレッシュには最高のところです。

ここに通っているのも高収入でお洒落な感じのおじ様方が仕事中に半ば居眠りをしにくるというような感じのお店です。でもさすがにちょっと割高ですので、今の収入状況ではちょっと厳しい。

整髪に無頓着な男性も多いですがやはり再就職活動で髪の毛が乱れていたり長く散髪していないなと思える人は面接の直前にでも必ずプロに散髪&整髪してもらうべきだろうと思います。

できれば履歴書に貼る写真をとる前にキチンと整髪したほうがいいでしょう。

写真や髪の毛の状態で採否が決まるようなことはないと思いますが、多くの応募者の中から自分を採用してもらおうと思うならば少しでも面接担当者に気に入られる努力は必要です。

髪の毛が乱れていたりワイルドなヘアスタイルが受けるのは映画やマンガの世界だけで実社会ではその人に合った形のキチンと整った清潔なヘアスタイルが受け入れられるのは言うまでもないことです。


-----------------------------------------------------------------

税金の季節

136
税金の季節がやってきました。まずは11年前に買った自宅の固定資産税、都市計画税が4月末が期限だと送られてきました。来月にはミニバイクと自動車の税金が県と区から送られてくる事になります。

さて固定資産税と都市計画税ですが、今年から1年分をまとめて先払いすることによる優遇制度がなくなりました。ハッキリ言わせてもらうと「大バカヤロ!」です。

知らない人に説明すると、この税金は所有している土地や建物にかかる税金でどういう計算方法かよくわからないけれどとにかく毎年納税を要求してくるものです。

金額も半端ではなく以前マンションに住んでいた時は建物が鉄筋の頑丈なものだけに中古でもビックリするぐらいの納税通知をうけたものですが現在は安普請の木造住宅だけあってマンションよりは少し安くなって助かってます。

もっとも路線価格も大きく下がっているので土地の税金はそれに合わせて下がっているはずなのですがあまりそれは実感できません。

例えば土地の価格が半分に下がっていれば土地にかかる税金も半分に下がるかといえばそうはならないのでしょう。

その納税ですが1回にまとめて支払ってもいいし、年4回にわけて納めてもいいし選べるようになっています。

そして昨年までは1回で支払えば数千円お安くなる制度がありました。

そりゃ振り込み手数料や入金処理、先払いによる得られる利子や支払いを忘れていたりすることを減らして納税を効率よくおこなうことを考えれば数千円下げても十分に意味があるものだと思っていました。

例えばNHKの受信料を昔ながらのおじいさんに集金してもらう方法と自動的に銀行引き落としするのとで人件費のかからない銀行引き落としのほうがお安くなるの同じことです。

ところがどうもお役所では暇を持て余している職員がいっぱいいて少しでも意味のないお気楽な仕事を増やしたいらしく、この優遇制度を今年からなくして国民の面倒は考えずに年4回に分けて振り込むことを推奨しているようなのです。

そりゃ先払いで多額のお金を一度に納めるなんて誰でも嫌にきまっています。

せめてそれをすることで税金が安くなるなら仕方がないかという思いもありましたが優遇制度がなくなれば得をするのは仕事が増えてその分を自分達の労働費に充てる税金を余計に分捕れる税務署以外ありません。

私だってできれば何度も銀行やコンビニ(今年からコンビニでも支払いがOK)へ納めに行くのは嬉しくないけれど、優遇制度がなくなればクソ役人のために身銭を切る辛さを年4回は確実に思い出せるので当然に分割にしようと決めました。

できれば納税者の全員がみな分割して優遇制度を無くしたことによってどれほどみんなが迷惑するかを思い知らせればいいのですが、上記にも書いたように奴等は仕事が増えれば残業したり余分に人を雇って税金の無駄遣いをするだけなのでしょう。

ああホントに頭に来ます。
----------------------------------------------------------


←2004年3月へ 2005年1月へ→

日記INDEXページ(タイトルと書き出し部の一覧)はこちら

========  日記アーカイブス ========
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年



リストラ天国 > コンテンツ > Diary
おやじの主張(リストラ天国 日記INDEX)
リストラ天国 日記(BLOG)

管理人お勧め!管理人の光回線&プロバイダーのりかえ体験談